手作りだからこそ伝わる気持ち|こだわりの婚約指輪作成

リング

二人のオリジナルを作ろう

指輪

思い出になるリング

婚約指輪には多くの若い女性が夢を投影しています。人生で最も価値のある指輪が婚約指輪であって欲しいと潜在的に願っている女性が今も昔も多数存在しているのです。何百万円もするハイジュエリーブランドの婚約指輪が変わらない人気を誇っているのもそういった女性心理を反映しています。しかし、希望するブランドの婚約指輪を買ってくれないからといって文句をつける女性が実際に少なくないことは残念といえるかもしれません。とはいえ中には、そうしたトラブルを乗り越えて結果として絆を深めていくカップルもいます。また一方では、初めから婚約指輪は手作りの品がよいと希望するカップルも少なからず存在します。そうしたカップルにとっては、高価すぎる婚約指輪よりも二人の思い出を込められる手作りの婚約指輪の方が価値があるということでしょう。手作りの指輪が好まれる傾向は、今後高まっていくのではないかと考えられます。

普段使いできるメリット

あまりにも高価な婚約指輪の場合には、紛失や盗難を恐れて気軽に着けられなくなる、つまり出番が少なくなるといったデメリットが予想されます。それよりは二人で趣向を凝らし、出来上がりが当初のイメージと多少違っていたとしても心を込めてつくりあげた手作りの指輪の方が、結婚してからも普段使いの指輪として重宝されることでしょう。手作りの婚約指輪としては、気軽にチャレンジして1日の作業ででも仕上がるシルバーの指輪などが特に人気です。また、手作りといってもカップル自身が作るわけではなくアクセサリー作家が工房でカップルの希望を聞いてひとつひとつオーダーメイドでつくりあげるタイプの婚約指輪も、世界に二つとないものとして人気があります。